空き家を放置するとどんな問題が起こるのか

不動産と終活の関係性

空き家管理サービス

  • 空き家問題
  • 空き家維持金
  • サービス内容
  • サービスの流れ
  • 空き家管理サービス
  • 売却・運用の流れ
  • よくある質問
  • 会社概要

物件紹介 Item introduction

ふれんず

長期間、家を空けると起こるリスク

長期間、家を空けると起こるリスク

「突然、不動産を相続したけれど、使い道がない」「転勤になったけど、自宅は貸したくない」「急に長期入院することになってしまった」など、予期せぬ出来事で所有する物件が空き家になってしまったら……。
ここからは、長期間、建物をそのままにしておくと起こるリスクについてご説明いたします。

長時間、人が住まず家を空けていると、外観の悪化だけでなく、風通しがないことでイヤな臭いがこもったり、湿気でカビが生えたり散々なことに。また、ポストに郵便物やチラシなどが溜まっていると、一目で留守であることがわかってしまい、空き巣の被害に遭うことも。こんな状態になってしまったら、現状回復が困難なだけでなく、いざ売りたいときに売却価格も著しく下がってしまうのです。内外問わず、建物の劣化が思いのほか進むと覚えておきましょう。

「空き家の放置」に潜む5つのキケン

泥棒

泥棒

多くの人の目につく場所にあるポスト。ここにチラシ、ダイレクトメールなどの郵便物が溜まっていたり、軒下にクモの巣が張っていたりするとひと目で「空き家」とわかってしまいます。これでは泥棒に「入ってください」と言っているようなもの。とくにマンションの1階であれば空き巣だけでなく不法投棄や放火、落書きなどの犯罪を招きかねません。

カビ

カビ

人が住んでいないということは、通気・換気もされていないということ。窓を締め切ったままの 家屋は、カビの大好物である「湿気」だらけとなってしまいます。いざ人が住むことになったときに吸い込むと人体に影響があるだけでなく、畳や床、塗装など内部の腐食にもつながります。

さび

さび

締め切ったことによる「湿気」や、建材の劣化に伴う「雨漏り」は、「カビ」だけでなく家電や家財に「さび」をもたらします。また、水道管など内外の鉄部がさびてもろくなることで、さらに家の寿命を縮めることになります。

臭い

臭い

人が居住していないと水道の利用がないので、風呂場や流し台、洗面所などの排水溝から下水の臭いがしたり、トイレタンクの水が蒸発することでも悪臭の原因になります。いざ売却しようと思ったときに衛生面でも注意すべき点です。

雑草

雑草

庭やプランターの植物や雑草を放置すると、外観の悪さはおろか、害虫などの住み家になってしまうことも。たとえば虫が大量発生してしまった場合、除草作業だけでは済まなくなり、近隣にもご迷惑をかけてしまいます。除草や害虫駆除が必要になるので、思わぬ出費になってしまいます。

空き家管理サービス

  • 空き家問題
  • 空き家維持費
  • サービス内容
  • サービスの流れ

空き家管理・マンション売却について お問い合わせ・無料査定はこちら TEL:092-452-0976